» 2013 » 12月のブログ記事

きちんとした基本通りの書き方をされている職務経歴書は、面接官にしっかりと目を通してもらえます。しかし、自分の考えだけで適当に作成されている職務経歴書は、下手をするとその時点で書類選考から外れてしまいます。面接に臨む前に不採用通知が届くと何とも空しい思いをしてしまうので、そう言った事にならぬよう、万全を期して望みたいものです。今まで働いて来た職種、会社名をしっかりと明記し、それによって自分はどのような事が出来る様になったのかというのを、積極的にアピール出来る様な内容にしましょう。たったそれだけの工夫で書類選考を突破する事が出来る様になります。出来る事を全力で全てやっておく事が重要と言えるでしょうね。

もし自分でどうしても職務経歴書の書き方が解らないと言う事であれば、もちろん参考に出来るものは沢山あります。そういったマナーが書かれている雑誌を参考にするのも良いですし、家にインターネットの環境があると言うのであれば、ネット上で幾らでも書き方を紹介しているサイトは存在しています。そういったものをフル活用して、何とか面接官に目を通してもらえる様な内容にするよう、心掛けてみましょう。職務経歴書自体を必要とせず、すぐに面接を望む会社もありますが、それでも基本的には職務経歴書を履歴書と一緒に持って行った方が良いです。その方が圧倒的に印象が良くなる事は間違いありません。もはや職務経歴書を用意する事は、就職活動において基本中の基本と思っておいた方が良いでしょう。

私が10代の頃はまだまだ今のように携帯電話が出る前でしたので家についている電話機がもっぱら通信の主な機能でした。ファックスもまだ初期でしたから友達と連絡を取るためには相手の電話番号を知っていなくてはいけませんでしたし子供でしたのでなかなか長電話もできない時代でした。それでも電話機に子機が出るようになるとこっそりと部屋に子機を持っていって友達と話すのが楽しみでしたが今は誰もが携帯電話を持っていますのでそういった楽しみは薄れてしまった気がします。通信機能として様々なツールが開発されましたので文字だけでよければ気軽にメールで友達とやり取りできますし、仕事の大切なやり取りも携帯にある機能のどれかを使えば問題ありません。

それこそ若い頃のように友達に会えない日は電話をして会話をしなくともSNSにあるコミュニケーションツールがあれば友達もアクセスして何かしらのアクションを起していますのでそれを見てコメントを残せば簡単にちょっとしたコミュニケーションになってしまっています。気軽ですし自分自身負担にならないので楽でいいのですが昔に比べて生身のコミュニケーションを取るということが減ったように感じます。その点電話機は機械ではありますが相手の声を直接聞けるということで他の通信機器とは違う味があるように思えます。あの頃には戻れませんがなんとなくあの頃の電話機でしか遠くの友達と会話できなかった頃が懐かしく感じてしまう私はちょっと年を取ったかもしれません。

私は、現在埼玉県に在住していますが、6年前北海道から東京に引っ越してきました。その頃はまだ学生でしたが、時間を見つけて友人と東京都内の観光をしていました。特にバスツアーを利用したというわけではありませんが、なぜか良く浅草に行っていたのを覚えています。当時、私の中では東京の観光といえば浅草というイメージをなぜか抱いていました。毎回浅草に行くと、観光客でいっぱいだった記憶があります。浅草では、まさに古き良き日本の文化という物にたくさん触れ合えるので、とても好きな観光スポットの一つでもあります。10代で学生であった私が、いつも行っていたのは浅草だけではありません。もちろん、若者の街でもある原宿にはよく足を運んでいました。原宿は観光目的というよりは、買い物目的で行くことが多かったです。行くたびにあちこちの店舗が無くなって新しい店舗に入れ替わっていたというのが印象強いです。
そして、デートスポットに良く利用していたのがお台場ですね。ここは、買い物もでき観光もできとても人気なスポットでもあると思います。行くたびに修学旅行生がたくさんいたのを覚えています。お台場は、フジテレビはもちろんですが、様々なレジャー施設、ショッピングモールがあり、家族連れや友人同士などで行きやすい場所でもあります。また、人間だけでなく、犬を連れていくにも便利な遊べる場所だと思います。東京にはたくさんの観光スポットがあり、何度行っても楽しめる場所だと思います。私は2年間東京に住んでいましたが、まだまだ隠れ家的なところにもいってみたいなと思っています。

受験を考える場合、小学校から大学まで、いろいろなケースが考えられますが、試験場の慣れや、試験に対する緊張感に慣れるため、そして、自分の今の力を知るために模試があります。試験の模試や面接の模試など、様々な形の模試があります。しかし、実際にいつ頃から模試を受験すればいいのでしょうか。まずは、自分の志望校や、今の目標を知ることから始めなければなりません。学校の受験であれば、そのレベルを偏差値などで知ることが出来ます。資格の受験であれば、試験の内容、受験者、受験合格率などを知ることが大切です。当然偏差値の高い学校を志望校とすれば、それに合った学習や過去問題から、模試の受験が必要になってきます。合格率の低い資格を受験するのであれば、その難度と合格の難しさを覚悟して、模試を受けていく必要があります。

最も、いけない考えで、模試を受ければ、力が付くとか、模試を数受ければいいという考えです。模試の内容が、実際の試験に近いものでなければなりません。全く同じ場合は、少ないですから、傾向が似ているもの、本番の練習として使えるもの、自分の弱点がわかるものを内容とした模試を受験することです。そして、それを受けるのが早すぎても、遅すぎてもいけません。まだ、基礎学力が足りていない段階や範囲の学習が全部出来ていない段階での模試は、点数が取れなくて結果も悪くなります。また、遅すぎると、自分の弱点が分かってからの時間が足りなくなってしまいます。よって、大学受験を考えた場合は、自分の志望校を決めて、そのレベルを知って、実際に学習をした上で、力試しとして、模試を受験するのは、2年生の後半からが、一番真剣になってくる時期でしょう。

モデルハウスの住宅を見学することで、どのような家なのか見学をすることができます。
自分が住まいを建てるときの参考にもなりますし、色々と学ぶことができることも多いと思います。
モデルハウスはそのハウスメーカーによっても特徴や利点、欠点も違いますし、個性もあると思います。
なので色々なハウスメーカーの住宅を見るいいチャンスだと思います。
人が住んでいる住まいを見ることはなかなかできないので、モデルハウスを見て住まいの見学をして欲しいと思います。
場合によっては粗品をもらうことができますし、お得な情報をゲットすることもできます。

モデルハウスは家の中のすみずみまで見学をすることができますし、家の構造も見ることができます。
分からないことは社員の人に聞くことで質問をすることができますから、家の疑問も解決することができます。
これから家を建てようと思っている人は、色々な住まいの見学をして欲しいと思います。
家は一生の買いものですから、失敗をしないためにもどのような住まいがいいか、どこのハウスメーカーがいいかをよく見極めて欲しいと思います。
オープンハウスはいい機会になりますので、見逃すことにないように家族で見学して欲しいです。

手相も日本には根強く残っている占いの一種で、趣味で見てもらっていたりします。
右手と左手、どちらを見ればいいのか時々迷い、流派にもよるのですがどうやら右手が先天的なもので、左手が現在をあらわすもののようです。
右手と左手でほとんど同じ手相の人もいらっしゃいますが、そうじゃない人もいるようで、自分もそのうちのひとりに入ります。
左手は現在をあらわすということで、やはり不摂生な生活や能力を生かしきれていなかったりするとそうしたものが手相として出てくるようです。
要するに右手でこれだけのことができるとされているのに、左手を見るとできていないよということになりますね。

手相は年々変わっていくようで、最初は私も半信半疑だったのですが、よく見ると本当に変わっています。
若いころはツルツルで主要線以外はほとんどなにもなかった私ですが、最近は細かい線も出てきました。
親指の付け根から手首にかけていくつもの細かい筋ができているのですが、これは考え過ぎの人に見られるようです。
確かにどうでもいいことをよく考えてしまいますね。また線だけではなく手の色で健康状態がわかるようです。
赤っぽくまだらになっている人は、循環器系に注意しましょう。
でも手相って、足りないところをペンで書いてしまうとよいそうですよ。

食事のジャンルの中では私が好きなのはやはり洋食です。ハンバーグやステーキなどの肉料理も好きですが、私が好きなのはピザやパスタなどのイタリアンや、ハンバーガー類が大好きです。グアムまで観光旅行に行った時にも洋食の食事を3食たっぷりと満喫しました。私はお肉自体はあんまり好物というわけではないんですが、グアムのようなところにきたら、やはり食べたいなと思いいくつか夕食に食べました。意外とリーズナブルな金額で厚めのステーキを食べることができます。ハンバーグやグラタンなども、沢山食べましたけど、そこは日本にもある洋食チェーン店にほとんど入りました。値段は日本よりややリーズナブルな金額でボリュームが多めという感じでした。
ランチにはピザやパスタ、ハンバーガーなどを食べました。グアムで人気の有名なピザのお店があって、ガイドブックではそこを一番お薦めしていたので行きましたがおいしいしリーズナブルで良いなと思いました。一緒に行った友人が気に入ったのでランチに数回入りました。お店も明るくて居心地のいいところです。ランチは海の近辺では屋台があったのでハンバーガーをそこで数回食べました。かなりお肉が厚めで、やや生焼けになっているので私は食べれなくて他のサンドにしましたけど、お肉好きな人なら大丈夫だと思います。和食もやはり恋しくなりますが、グアムでの食事はほとんどお肉系の洋食が多いです。味はどこもほどほどにおいしくてリーズナブルです。