» 教育のブログ記事

受験を考える場合、小学校から大学まで、いろいろなケースが考えられますが、試験場の慣れや、試験に対する緊張感に慣れるため、そして、自分の今の力を知るために模試があります。試験の模試や面接の模試など、様々な形の模試があります。しかし、実際にいつ頃から模試を受験すればいいのでしょうか。まずは、自分の志望校や、今の目標を知ることから始めなければなりません。学校の受験であれば、そのレベルを偏差値などで知ることが出来ます。資格の受験であれば、試験の内容、受験者、受験合格率などを知ることが大切です。当然偏差値の高い学校を志望校とすれば、それに合った学習や過去問題から、模試の受験が必要になってきます。合格率の低い資格を受験するのであれば、その難度と合格の難しさを覚悟して、模試を受けていく必要があります。

最も、いけない考えで、模試を受ければ、力が付くとか、模試を数受ければいいという考えです。模試の内容が、実際の試験に近いものでなければなりません。全く同じ場合は、少ないですから、傾向が似ているもの、本番の練習として使えるもの、自分の弱点がわかるものを内容とした模試を受験することです。そして、それを受けるのが早すぎても、遅すぎてもいけません。まだ、基礎学力が足りていない段階や範囲の学習が全部出来ていない段階での模試は、点数が取れなくて結果も悪くなります。また、遅すぎると、自分の弱点が分かってからの時間が足りなくなってしまいます。よって、大学受験を考えた場合は、自分の志望校を決めて、そのレベルを知って、実際に学習をした上で、力試しとして、模試を受験するのは、2年生の後半からが、一番真剣になってくる時期でしょう。