何か自分で商売などを始めようと考えた時にネックになるのが”お金の問題”です。
最初から全ての費用を自己資金で用意できるような状況はそうないはずです。
ただ事業資金の借入で国民生活金融公庫から借入をしようとする場合であっても、ある程度の自己資金を用意する必要は当然あります。よく簡単に考えてカードローン等で融資を受けるなどの手段を考えてしまう場合がありますが、借り入れたお金については自己資金とはみなしてもらうことが出来ません。それどころか、キャッシング等の取引があった場合、融資条件が厳しくなる場合がある程です。

返す必要のある資金については、自己資金とは見なされない_という事なのだと思います。自己資金とは言い換えれば「返す必要のないお金」だけを指すものとして考えます。それと自己資金については通帳の取引履歴などで、どのように貯蓄されてきたのか?
この辺の事情は確認されるようです。
資金の透明性を審議されるということなのでしょう。その他にも事業資金の借入時には面談形式にて、他の金融機関やノンバンクからの借り入れ状況の審問があります。仮にこの場面で債務を隠すような嘘は後の信用問題にも関わりますし、信用情報機関にて調査されれば瞬時に分かってしまいます。そうなれば、信用ナシ、融資はアウトとなります。不自然な形で準備した見せかけだけの資金では融資を受ける事は不可能だと言えるのです。
ルーズなお金の管理や運用は人としての信頼度を下げる原因となることを肝に命じましょう。